モントリオール(Montreal) 大学院生活 日本語 海外生活

モントリオールで大学に通うことにした理由

先日、アルバータ州に住んでいた頃に知り合った方がモントリオールにいらしたので、久しぶりにその方とお会いしてきました!

久しぶりの再会って、なんだか緊張しつつも懐かしさがこみあげてきて嬉しいですよね。しかもモントリオールに引っ越してくる前に出会っていた方なので、ケベック以外のカナダの話しもできて新鮮☆

そうやって話しているうちに、やはり“何でフランス語が話せないのにモントリオールに滞在して学校に行くことにしたのか”、と言う話になりました。

ここに来た当初の理由、色々あるのですが、ここに残らなくても良かった私。それでもここに残ろうと決めたのは、やはりこの街の雰囲気が居心地よくて好きだったから。もちろん、信頼できる仲間にも恵まれて、モントリオールのファミリーと言えるような心強い人たちに支えられているということも大きな理由です。

ただ、やはりそれだけでは決定的な理由にはならないのでは?!という声も聞こえてくるかと思います。

学校に関しては、フルタイムで学生するという条件で考えた時に、キャリアアップへのネットワークが作れて、その上自分のプライベートが守れるアパートメントに住めるところはどの都市だろう?と言うことでモントリオール残留を決めました。

その理由をいくつか紹介しますね。

 

1:英語の大学がある。

モントリオールはフランス語圏と言っても、バイリンガルな多国籍な街。私の通うConcordia大学は英語の学校です。

なので、大学はすべて英語。もちろん将来の就職をモントリオールで考えた場合には、フランス語はできた方が確実に幅は広がり有利です。ちなみに、モントリオールは北米でボストンに続き2番目に高い教育水準を受けられる学生の多い町とのこと。ちょっと意外ですよね。

2:家賃が安い。

カナダで第二の都市にしては、ちょっと田舎なのんびりした感じも残っていて住みやすい上に、家賃がトロントやバンクーバーに比べてリーズナブル。学生をしつつ、ある程度の広さをキープした自分のアパートメントに住めるのは、モントリオールだからこそ、ではないでしょうか。

ちなみに、学費もトロントに比べてリーズナブルです。

3:政治・経済の中心地に近い。

モントリオールは政治の中心地オタワや、経済の中心地トロントにも近く、ビジネスでのネットワークが比較的スムーズに作りやすいかと思います。何か大きなイベントやカンファレンスがあるとしたら、トロントはほぼ確実に開催地に選ばれますよね?そういう時は、モントリオールからだと比較的参加しやすいのではないでしょうか。

 

他にも諸々の理由がありますが、大きな理由はこの3つかと思います。これが私にとってはモントリオールで学生をするアドバンテージだと思い、モントリオールに残って勉強をすることにしました。

 

PowerPointもレイアウトそのままでAI翻訳「COTOHA Translator」

なぜ日本人が少ないのか!?!?

みんなきっとトロントやバンクーバーに行ってしまうのでしょうか??フランス語圏っていうだけで、っちょっと気後れしてしまうのもあるのかな?私も最初はそうだったし…。

モントリオールには他にも英語の大学があり、カナダ国内でも有名なMcGill大学には、日本との姉妹校があったりして交換留学生が結構いるみたいなのですが、うちはどうなんだろう??私が知らないだけ??1月から通っているのに、本当に一人も見かけない…。少なくとも、大学院の方ではまだお会いしていません。

日本人と言うと、”珍しいね”と言われるこの不思議な感覚。日本は世界でもトップクラスの経済大国なのに、なぜ多国籍な人たちが集まる場所で見かけることが少ないのか。良く考えれば、それだけ日本国内での教育制度が整っているからかもしれません。

そして、情報の偏りと言うのがあるのではないかと感じます。皆が良いと言っているからと言って、それが自分に一番良いとは限らない。その“皆”の意見がどういう判断でどういう人たちから出たものなのか、それもひっくるめて自分が求めている情報はどこで見つかるのかを探していけば、良い判断基準に辿り着けるのではないでしょうか。

自分の目標達成が思い描ける環境に自分自身をもっていけば、必然的に自分もそのなりたかった姿に近づいていきますよね。その環境にいるのだから。

 

私の通うJohn Molson School of Business(Concordia大学の経営学部)はその名の通りビジネススクールなので、MBA留学をしている人たちがいてもおかしくないとは思うのですが、アジア人と言えば中国人や韓国人、インドやパキスタンなどが多い気がします。

どこでも多いとは思いますが、やはり中国からの留学生は、大学内でもたくさん見かけます。国際化に目を向けてどんどん進出してくる人たち。目的意識も高いような気がします。

日本人もトロントにはたくさんいると思うのですが、ぜひモントリオールも視野に入れて欲しい!直行便もできたし☆教育のレベルが比較的高いカナダ。トロントバンクーバー以外でも、個性的な学校がたくさんあります。

自分の学べる分野があって、生活しやすいところ。一般的に有名だからだけではなく、様々な視点で比較検討してみると、思わぬ場所で期待以上の出会いや経験ができるかもしれません。

 

留学先をカナダでお考えの方。

モントリオールも視野に入れてー!良いところたくさんありますよ☆

 



2007年から始まった海外生活も早12年。旅行大好き、海外大好き、自然大好き、踊るの大好き! オーストラリア、ニュージーランド生活を経て、カナダの永住権を取得。現在はカナダ東部にあるフランス語圏のケベック州モントリオールにて、ビジネススクールに通いながらフランス語に格闘しつつも、気ままな生活を送っています。 多国籍で個性的な人たちに囲まれて、時に笑い時に泣き、穏やかな日が続いたかと思えば波乱万丈に急展開する日々、そんな何気ない日常生活から現地情報、学校、旅行のお話などを皆さまと少しでも共有出来たら良いなと思います☆ Hi there! I am RIRIN, living and studying in Montreal, Canada. I love travelling, nature, outdoor activities, dancing, etc. and sharing time with my precious friends!! Nothing special, but full of small happiness and surprises are hiding in our ordinary days. Let’s share some spice of life a little by little!

0 comments on “モントリオールで大学に通うことにした理由

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: