モントリオール(Montreal) 日本語ブログ 海外生活 海外大学院生活

現地から情報発信!海外大学院で勉強する2: モントリオールにある大学

 

新しい令和の時代が始まりました!

新しい時代の幕開けを迎えられることは嬉しいことですよね。日本人にとっては、人生に何度あるか分からない瞬間なので、貴重な経験です。穏やかな争いの少ない時代が訪れますように。

 

さて、先日Final Examsを無事に終了して、ちょっと長めの夏休みに突入しました。

とは言っても、まだ最終成績が出ていないので完全には終わってはいないのですが…。

 

さて、今回はモントリオールにある大学をちょこっとご紹介します!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、モントリオールにある主要4大学には、フランス語系の大学と英語系の大学があります。

私の通っている学校はモントリオールのダウンタウンにある John Molson School of Business (ジョン・モルソン・スクール・オブ・ビジネス、JMSB)という、Concordia University (コンコルディア大学) に所属しているビジネススクールです。

http://www.concordia.ca/jmsb.html

 

もう一つある世界的に有名な McGill University (マギル大学)と同じく、英語系の大学になります。

http://www.mcgill.ca/desautels/

 

フランス語系の大学は、モントリオールにあるビジネススクールの名門 HEC が併設されている、University of Montreal (モントリオール大学)。

http://www.hec.ca/en/

 

そして、L’Université du Québec à Montréal (UQAM) (ケベック大学モントリオール校、またはUQAM )です。

https://uqam.ca/

 

私がこの学校(JMSB)に通いたいと思ったのは、大学院レベルの勉強をするのであれば北米で二番目の学生の街と言われる、教育水準の高いモントリオールで勉強してみたい思ったこと。そして、ビジネス関係でのネットワークを広げたいと思ったからです。

それを視野に入れた時に、ここの学校は英語でレクチャーを受けられること、キャリアに関してしっかりとしたバックアップ体制が整っていること、また卒業生達のネットワークも盛んなことを理由に、申請を決めました。

 

1年英語マスタープログラム「トライズ」

日本を出てからというもの、ビジネスの世界からはかなり遠ざかっていた私…。

入学当初は、頭の中をリセットしないと!と無駄にプレッシャーを感じていました。幸いにも私の周りには、現在在学中の人たちやMBA取得者たちがいるので、分からなかったら誰かしらに相談できる環境にあったことは救いだったなと思っています。

 

私の受けているディプロマ(Graduate Diploma – 大学院レベルのディプロマ:位置づけとしては学士号と修士号の中間。学士号保持者対象です) のプログラムは、10科目で構成されています。

Professional Business Skills、Accounting、Managing People in Organizations、Marketing Management、Business Data Analytics、Finance、Operations Management、Managerial Economics、Strategic Management

選択科目(一科目選択)

e-Marketing、Entrepreneurship、Business Law、Project Management

 

この10科目をパスすると、Graduate Diplomaの取得が可能です。フルタイムだと2年、パートタイムだと4年間での受講期間となります。ちなみに、入学基準となる英語力の目安は、TOEFL iBT 最低スコア 95、 又は IELTS (Academic) 最低スコア 7.0 です。

私はIELTSを申請前に受けました。実際入学してみると、確実にこれ以上の英語力が問われてくるので、目標を高めに設定して全く損しません。(私はギリギリだったので、入学後に苦労しています。)

 

ビジネス英語はもちろんのこと、アカウンティング(会計)やファイナンス(金融関係)のことなんて、日本語でだって危ういのに大丈夫なのだろうか???

そんな不安も、目の前で始まってしまったら取り組むしかない!つり橋を渡るような感覚で今のところはパスしてきています。

何よりも、英語で他の生徒と協力し合わなければいけないプレゼンテーションが、受け身の教育を日本で受けてきた者にとってはかなり大変かと思います。

 

エンジニアの分野でマスター(修士課程)を取っている友人から、入学前に言われたこと。

“今から一つだけアドバイスするけど、勉強は先送りにしない方が良いよ。何でも後回しにしていると自分の首を絞めるからね。”

そう忠告を受けました。

一年経って言えること。その通りです。

 

予習をして授業に臨まないと、どんどん遅れて行ってしまいます。その蓄積が試験前に多ければ多いほど、プレゼンテーションなどの準備も必要になることもある試験期間中に時間が足りなくなってきます。

何から手を付けて良いか分からなくなるほど、特にFinal Examsの時期はほとんどの生徒が勉強漬けになります。これだけは身に染みて実感しています、早すぎる準備なんてない、早ければ早い方が良い!本当に。

バンクーバーやトロントも留学先では人気ですが、日本人の少ない環境で挑戦してみたい方、フランス語だけじゃなくても英語でも大丈夫な学校がモントリオールにもありますよ!という内容でした☆

 

 

高性能・高品質ミニマリストヴィーガンレザーバッグ【DAPHNY RAES】



2007年から始まった海外生活も早12年。旅行大好き、海外大好き、自然大好き、踊るの大好き! オーストラリア、ニュージーランド生活を経て、カナダの永住権を取得。現在はカナダ東部にあるフランス語圏のケベック州モントリオールにて、ビジネススクールに通いながらフランス語に格闘しつつも、気ままな生活を送っています。 多国籍で個性的な人たちに囲まれて、時に笑い時に泣き、穏やかな日が続いたかと思えば波乱万丈に急展開する日々、そんな何気ない日常生活から現地情報、学校、旅行のお話などを皆さまと少しでも共有出来たら良いなと思います☆ Hi there! I am RIRIN, living and studying in Montreal, Canada. I love travelling, nature, outdoor activities, dancing, etc. and sharing time with my precious friends!! Nothing special, but full of small happiness and surprises are hiding in our ordinary days. Let’s share some spice of life a little by little!

0 comments on “現地から情報発信!海外大学院で勉強する2: モントリオールにある大学

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: