Category: 海外移住

海外移住、カナダ移民について

日本語 海外移住

海外で永住権を取ること、移民するということ。

もうすぐでカナダ永住権を取得してから3年が経ちます。 永住権取得直後は、今までのワークビザの立場と違ってこれからは自由の身だ!!そういう気持ちがとにかく強かったように思います。 初心を思い出すと言う意味でも、永住権取得後に参加した移民者向けセミナーでのことを今回はお話ししますね! 移民してしばらくしてから、タウンホール主催の移民者たち向けセミナーに参加しました。 ここでは永住権を獲得したことによって受けられる権利と、市民権がないからこそ受けられない権利や、これからのカナダ生活で必要となってくる責任についてなどを話し合いまいた。 今まであまり考えてはいなかったのですが、永住権を取って移民するということは、これからの生活の基盤がこちらになるということなんですよね。 当たり前だけど、日本に自分自身で帰れる場所を確保しない限りは、これからの人生の基盤を今から一から作り上げていかないといけないんだと、改めて再認識。。 その中で、今回永住権をとったある人が、「自分はただの移民だから・・・」と話し始めたら、セミナーの主催者が、「“ただの”移民、なんてそんなこと言わないで!!」と、すぐにで訂正してくれたのにはなんだか嬉しくなりました☆そうか、これからは認めてもらえるのか、って。  やはりカナディアンからすれば、移民して自分たちの仕事を取っていく人々は、良いとこ取りの“所詮”移民、という考えの人もまだまだいるとか思います。 そういう人たちの態度はこちら側にも伝わってくるし、そういう場で居心地が悪くなることだってたくさんあります。カナダがいくら移民の国であるとしても、それに対する価値観はやはりそれぞれありますよね。きっと多少の差はあれ、どこの国でも同じこと。違う文化や価値観の人たちが集まっているのですから、多少の摩擦や誤解は仕方のないことなのかなと思います。だからこそ、自分を主張しつつも認め合うことが大切。 自分で自分を否定していったらいけないんですよね。 市民権は持っていない、でも永住権はちゃんと持っているんだから、平等に扱ってもらわないと困る、そう言えるところまでは自分自身を持って行きたい。そう感じました。 今まで海外生活は何だかんだでやってこれてはいるけれども、やはり永住権を取ってからは覚悟が決まってきた気がします。今後の人生をこのカナダという国に拠点を置く。そしてそれに伴っての責任も。 日本でなく、カナダを選んだ自分。 あれからもうすぐ3年、徐々に今後の生活の基盤をカナダへ移行しています。日本でなくても、今後の人生をカナダで送れるように準備していくのは自分しかいない。今になって学校に通い始めたのもそのためです。 自分自身の居場所を作るのも、それを守るもの自分次第の海外移住。 大きな決断だとは思いますが、自国以外で自由に働けて住める国を持つと言う選択肢があることは、人生の可能性を広げることに繋がっていくのだと信じています。 たった一度の人生を、どう生きていくかは自分次第。 逆に言えば、自分自身で決めていける機会を与えられたことにも感謝しなきゃ。 後は、日本が多重国籍を認めてくれれば・・・もっと生活しやすくなるのになぁ。。。(笑)